FC2ブログ
松永萬義弓を持ったことがある方はわかると思いますが、
この弓の最大の特徴は、「弓が軽い」
ことに尽きると思います。これは何気に成りを見るために弓を持ったときにもわかります。
IMG_4582.jpg            これまでの弓を持つ感覚でいると、「スカッ」と肩透かしを食らうような重さです。
そして更に驚くのは握りをもって弓を持つと、バランスのよさ=重心のよさです。                       「ああ、なんて素晴らしい弓を手にすることができたんだ!」
と、執弓の姿勢や会の姿勢をとってみたときに思います。
IMG_4589.jpg
お金を出せばかえるという代物ではないですが、是非とも一度手にしていただきたい弓です。
続いて、肥後三郎の並作四寸伸と比較してみます。
                                               
今流派東方不敗の弓艦隊の中では、並作とはいえ、出色の出来といえる弓で使用の中核にいる弓です。
IMG_4595.jpg

というのも、弦音は抜群に良いです。                                                流派東方不敗の腕をもってして
「富士」でコンスタントに弦音が出るのはこの弓だけです。
成りを比較すると、並作のほうは都城成に近く、かなり胴が入っています。
萬義はそこまで入っていません。

側木は並作が大健闘で良い素材を使っているように見えます。萬義は当然高い水準だと思いますが、普通に良く見えます。よく見ると「ニベ口」といってニベの溜りを見ることが出来ますね。

上下の関板の処理は、同じようで、肩が上がり気味の処理です。見た目のクオリティは変わらないのですが、材料の吟味に違いがあるのでしょう。きっと。                                              IMG_4599.jpg
IMG_4600.jpg

                                                                     今回の4寸萬義は仕上がるのがいつになるかわかりませんが、この並作4寸とのペアがよさそうです。これから梅雨、夏を向かえ、ニベ弓たちはお休みです。
IMG_4601.jpg



赤とんぼが飛ぶ頃、慣らしの場に復帰ですね。
これだけ素晴らしい弓ですから、大切に育てていかないとバチがあたります。
四寸と二寸の萬義の比較をして見ます。
二寸は重昌師、四寸は三代目の製作と推定されます。
弓の大きさは異なりますが、それぞれ仕上げは丁寧です。
そのあたりのクオリティは他の肥後三郎シリーズより確実にランクが上です。
              IMG_4589.jpg

成りは以前にもお伝えしましたとおり、四寸の方が胴が入っています。
しかし、ある程度矢数を掛けて成りが整ってきたら落ち着いてくるはずで、その時の差異を見たいと思います。

末弭の形ですが、若干変わっています。肩が上がっているような感じですね。
九字の切り方は変わっていないように見えますが。鼻の長さも短くなっています。
 本弭の形ですが、こちらも肩が上がっているようで、鼻の長さも短くなっています。
末弭、本弭とも個体差なのか、製作時期の違いから来るものなのか、検証が必要です。

                           IMG_4593.jpgIMG_4594.jpg
 
側木なのですが、それぞれ素朴でありながら美しく、杢目が綺麗です。
外竹も内竹も少し焦がされた竹です。存在感は薄めに見えます。
ただ、よく見ると三代目萬義の側木からはニベ口があちらこちらで見られます。
IMG_4592.jpg

二寸萬義は殆ど見られないので、大きな違いといえます。
二寸萬義のほうが茶色いのは、日焼けや経年劣化ではなく、
前回のハザマチューン後に流派東方不敗が塗ったカシュー透き漆の
溶き方が濃くて色が濃いだけのことです。
 
そして二寸と四寸の最大の違いは銘にあります。
焼印の花押も気持ち違う気がするのですが、緑字の「重昌」の字体が全く異なります。
奥が四寸萬義なのですが、二寸伸の力感がなく、なんだかテキトー感が感じられます。エライ違います。
                                    IMG_4590.jpg
それでは細部を確認していきましょう。
                                   IMG_4584.jpgIMG_4586.jpg

上下の関板です。
上下の関板とも、黄櫨が使われており、素材は素直です。この四寸では上関板のほうが黄櫨の模様は好きですが
萬義というか、肥後三郎もですが、関板の高さは低いですよね。
これは通常弦音が出にくいのですが、ご心配なく、流派東方不敗の腕でも、桂・谷口は弦音が出ます。
富士・雲仙は調子がよければ弦音は出ます
今は慣らし中のため、合成弦を掛けていますが、弓具店からも「弓がかわいそうだから一刻も早く麻弦を掛けてね」
といわれました。
特段ボリュームもなく、軽い素材のため、上下の質量の軽さにも貢献し、弓返りの速さに貢献していると思います。

 横から近接して、見てみます。相変わらず黄櫨の素材は良く、素直な杢に見えます。
複雑な杢ではなく、そこで存在感を出す杢ではありません。控えめです。

IMG_4585.jpg

                                 IMG_4588.jpg

内竹は焦がし竹ですが、白っぽく焼きは薄目です。これにも存在感はありません。
存在感はないのですが、美しい竹で上品に感じます。
また、柴田勘十郎や播磨竹禅のような節の高い竹ではありませんが、
都城弓に比べると節は高めです。
黄櫨といい、外竹・内竹といい、厳選された素材が使われているはずです。
この所有している優越感はたまりませんね。ただし、人に見せて自慢する類の
ものではありません。
さて、松永萬義四寸伸、希少品でありながら、仮に店頭に置いてあったとしても中々手に取ることもできず
ましてや購入することも躊躇われる一品です。
何度も申し上げてきましたが、萬義弓を引くTPOは
よく考えていないと大変な目に遭います


メンテナンスがいい加減で、弓を壊してしまうととんでもない非難を浴びますし。
その覚悟を持って、この萬義弓は所有、使用しなくてはなりません
 さて、今回の四寸萬義の特徴を見ていきましょう。
                            IMG_4582.jpg

全体的な成りですが、前回の二寸伸と少し異なり、上成りと下成りに比べ握りが1.5センチほど入っています。
胴が入っている成りです。萬義は京成りの筈ですが、少し胴が入っています。
 全体的に見て、優しい成りです。この見た目の優しさと上品なひき味、
離れの時の弓の鋭さが今から待ち遠しいですね。
ちょうど居合わせた某弓師が、「丁寧に作りこまれていて、弓の出来栄えが素晴らしい
真似できない」といっていました
 焼印・花押と銘を見ます。
                             IMG_4583.jpg

やはりこの萬義ならではの緑字、存在感がありますね。
それからきっちりと押せてない焼印(笑)。弓が仕上がって最後の仕上げに押すものですが、
中々難しいようです。ちなみに三代目が弓を打たれているはずですが、「重昌」は変わらない
のですね。なぜ変えないのでしょうね。
2018.05.11 四寸伸の竹弓
前回の悲しいお知らせから、落ちに落ちたモチベーションを無理やり引きずり上げられることになりました。
「四寸伸だけど、萬義だったんよ。いる?いらない?
この場面で「いらない」といえる人がいるのでしょうか。。。。。
そんな人は弓道具愛好家の風上にも置けない、武士の名折れですね。

 四寸伸「松永萬義」の登場です。やりすぎ感満載ですね。

 松永萬義弓については究極の弓、真打の弓として流派東方不敗も二寸伸を所有しております。
それは、以前お知らせしてきたとおりです。(2008年12月頃)
 あの緊張感、ときめきを10年ぶりに、もう一度よみがえらさなくてはなりません。(もう、10年経ったのね・・・)
 ちなみに、今の季節、二寸伸松永萬義は絶好調です。弦音良し、弦返り良し、矢勢良し、会での状態も非常に気持ち良いです。
 そして、所有弓のラインアップだけ見ると範士級ですこれだけの弓を頂いても、腕は全く追いつきませんが。

 早速持ってみましたが、さすがに軽い。ハザマ師匠と使う黄櫨が異なるため、脂身の少ない厳選された黄櫨を使っているにしても、弓が軽い。執弓の姿勢をとって見ますと、弓がピタッと止まります。会の姿勢をとってみても、弓の上下のバランスが良いです。
さすがです。このワクワク感、たまりません、IMG_4583.jpg
贅沢
です。

 今回は松永萬義二寸伸と四寸伸の比較、松永萬義四寸伸と肥後三郎四寸伸の比較をご紹介していきます。
とりあえず、次回は松永萬義四寸伸を見ていきます。

                                
 
平成最後の全日本弓道大会に参加してきました。
勿論気になるのは弓具店情報ですね。

出展社は猪飼さん、大倉さん、鷲見さん、細山田さん、柴田さん、今井さんと
このところ安定してこの6軒が出展されていて、購入者からすると選択肢の幅ができて
うれしい限りです。

今年もそうですが、松永系の弓が販売されているのが多くなってきた用に思えます。
特に佳也弓は一時の絶望的な状況から変わっています。
供給量が増えたのでしょうか?また、ほとんどが側木黄櫨の佳也弓になっています。

肥後三郎も多く見られるようになってきました。此方も一時の超入手困難品から変わって来ています。
流派東方不敗が見たときも萬義弓もそれなりに残っていました。
何で売れないのだろうと不思議なくらいです。

また、入手困難な松永系であっても変なニーズの弓は売れていないようです。まあ、当然でしょうが。
重宣弓はほぼ見ないですね、もう諦めてくださいという感じです

永野一翠は相変わらず豊富に用意されています。選択肢が相当ありますね。

ただ、今年感じたのは総じて弓の販売価格が下がったように思えました。
一翠弓もこのくらいなら、手を出せるなぁ~、という価格帯でした。
あまり高額で「手を出せない価格帯」だととっつきにくいですからね。
先日から、偉そうに新弓慣らしのことを講釈していましたが、
やってしまいました
                             
                               IMG_4440.jpg
偉そうに言っていた分、指差して笑ってください。                               
この弓は肥後三郎、ニベ弓22キロくらいです。分が非常に薄く、5分8厘くらいでしょうか。反発力の強い弓でした。
こんな癇の強い弓はもうない」といわれていましたが。
                                          
慣らしは、大三から始まり、会の位置で離す状況で約40射を経過したところで、
「バシーン」と大きな音を立てて逝ってしまいました。
原因をあれやこれや考えていますが、強いて言えばですが
現段階で会での捻りが強すぎたのかなぁ~」 
または、「寒暖の差が激しく、急に暖かくなった時だったから?」 原因は良くわかりません。
寂しい話ですが、壊れるときは壊れるものかもしれません。        

おそらく、2年は手元に戻ってこないでしょう・・・
気長に気長に
待つ必要があります。自己責任ですので・・・。
弓具店からは「あああぁ~、勿体無い壊れてしまったか~、時間掛かるよ
とても残念そうで、それが至極申し訳ない・・・。
「流派東方不敗はやはり二寸伸びは無理があるのよ、四寸にしなよ」
確かに手元にある肥後三郎四寸は引いていて非常に感じがよいです。
ただ、それは四寸の肥後三郎が当たりの弓のような気がします。
一般的な話として弓が長くなると「弓の冴え」が鈍く見える気がします。
離れのスピードに難がある流派東方不敗ですので、「う~ん」という所ですね。
「とりあえず四寸見てみる?」
とのことでした。
2018.04.10 恐怖の火入れ
 柴田師やハザマ師のところや弓具店で弓の手入れをお願いすると
火入れして、弓の成りを矯正することがあります。
 ガスコンロであったり、電熱線であったり方法はいろいろですが
見ていると、弓に熱を入れ、そこに圧をかけると弓の成りが変わっていきます。
見ているほうからすると、「弓が壊れてしまうのでは?」と、
恐怖以外のナニモノでもありません。  宣斎弓ごよみにも火入れの方法が記載されてあり、やってみたら?みたいな記載がありますし、ハザマ師匠も「こうやるんや!」と実演のあと、「やってみろ」と仰る。よって一度やってみることにしました。  弓は柴田勘十郎ニベ弓です。皆さんもご存知の下成が立ちまくっている部分、ここを少しだけふくらみを持たせた弓にしてみたい!と挑戦です。                              sibakan旧   しかし、焼入れには「失敗したらどうしよう」という恐怖が!  その恐れを振り払いながら、下成りの辺りをストーブの熱で10分ほど熱して、弓が熱くなったところで小反節よりも下側を内竹側から恐る恐る踏んで見ました。 一度踏んでみたら、ビミョーに膨らみ、気持ち丸くなりました。 おおぉ~変化するじゃん、 ということで、もう一度ストーブの熱で熱してみます。触ると弓が熱い・・・。  もう一度、今度はしっかり踏んでみます。おおお~、曲がった曲がった。なんか、下成りのふくらみが出来ましたね。  しか~し、よく見るとなんか踏んだあたりが出来気味になってる暖かいうちに再度踏み込み、矯正してみました。 その結果・・・ sibakan新 こんな感じです。 火入れ前との違いお分かりになるでしょうか? 若干小反節のあたりが膨らみ、普通の弓(笑)のような下成りになりました。 それでも、十分立っていますが。 恐る恐る火入れ矯正をしましたが、うまく出来たかな~~。 ひき味の変化はまだわかりません・・・。
ニベ弓と合成弓の違い

慣らしというか、次のステップに向けての巻藁作業が順調に進んでいます。
今は会まで持ってきて離しています。なんといっても早く離すのは得意ですから
苦になりません。しかし、想定外のことがありました。
IMG_4446.jpg

弓力と、寒さのせいで押肩にかなりのストレスが掛かっており、身体のケアが必要です。
それとやはり、腰に来ますね、強い弓は
ニベ弓と合成弓でじっくり成りを比べると、あまり変わりないように見えます。
上成りも下成りも同じ感じです。
ニベ弓のほうはこれから削り込んでいきますので、どのように変わっていきますか・・・。
                                   IMG_4447.jpg


もし、成りが変になっていても整えながら完成弓に仕上げていけるところが、ハザマ師匠の弓の良いところでしょうか?
 見た目はさすがに良く似ています。使っている材料は同じで、接着がニベであるというだけでしょうか。
ニベ弓のほうが製品として仕上げてないので、あちこち荒いところがあります。気にしませんが・・・。
外竹や内竹と芯の間にはニベだまりという黒い線のようなものが見えます。
ニベだまりを見えないようにする弓師もいます。

IMG_4452.jpg


 ハザマ師匠の弓は仕上げを細かく仕上げて巷に渡すタイプではありませんので(笑)こういう感じかと思います。
 ニベ弓のほうがゴツくみえます。現状弓幅も2ミリくらい違いますので、そう見えるのかも知れません。
                                          IMG_4450.jpgIMG_4448.jpg



 合成弓は90㌢で23キロ、ニベ弓を慣らしで引いていると、合成弓はかなり楽に感じます。ということは・・・。
ニベ弓と合成弓、どちらも最終形態が楽しみです。
合成弓の会で詰まった感じがニベ弓では会でスウッと入りますから、たまりませんよね・・・。
播磨竹禅ニベ弓の全体的な成りです。
江戸成りです。胴が入っておらず、弓の成りが台形です。
なだらかなカーブを描く成りの都城弓とは異なります。
上成りの鳥肩節と下成りの乙腰節の高さがだいたい同じくらいです。
先日もある方から指摘されましたが、「胴が抜けている」
一見するとそう見えてしまいそうですが、「これでいいんです」(笑)
IMG_4169-01.jpg

弓力が強いせいで、弓が分厚くなっています。それは萬義と比べると一目瞭然です。
ご覧のように下成りのカーブは萬義と酷似しています。
台形の上辺は萬義の方が短くみえますね。
こうして並べてみると、成りを見る範囲では萬義の相方としての播磨竹禅は良い感じに思えます。
                                    IMG_4170-01.jpg

今は慣らしで巻藁を引いていますが、これが強くて強くて、弓が硬い。
慣らしを進めてきたところ、最初胴が入っていたのが、ちょうどいいラインに
なってきました。
もう少し弓幅と角を削っていただこうかなと思います。
 以前紹介しました、播磨竹禅 ニベ弓ですが、画像もお見せいたします。
 末弭、本弭は赤柿の素材で関板も作られています。
う~ん、黄櫨でお願いしていたはず
他の播磨竹弓と異なり、関板の内側に補強のための内竹が入っていません。
ニベ弓の打った時期が平成25年頃のはずですので、その当時のハザマ師匠は
内竹を関板の中に通さなかったのかもしれません。
                           IMG_4172.jpg    IMG_4175.jpg
 荒村の状態ですが、上下は薄めが播磨竹禅の特徴ですね。
よって、現状で25キロはあろうかと言う弓ですが、何とか手の
中で弓を押すことが出来ます。
横から見える黒い線がニベの証です。これは合成弓の播磨竹禅には見えませんので、大きな違いでしょう。

杢は縄目杢です。これは荒村終了後、仕上げて磨けばもっとはっきり見えるはずです。
IMG_4171.jpg  IMG_4173.jpg
相変わらず、地味に見せますね・・・。作品を商品に見せようとしないというか、無頓着というか・・・
これだけで他の弓なら価格が変わってきますよ、師匠
 黄櫨は握りの辺りで継木しているようです。斜めに黄櫨の切れ目が入っています。握り近辺の
継ぎですが、強度大丈夫かな?
2018.01.24 麻弦価格高騰
流派東方不敗は竹弓に麻弦を掛けて使っています。
当然のことだとは思っていますが、コストが高いのがままネックです。
ただ、麻弦のひき味の良さや、弦音には変えがたいところです。特にニベ弓との相性は抜群ですね。
現在は、富士、的印(谷口)、桂を使い分けしています。

                                  麻弦H30

富士、谷口は練習用、桂は審査用としています。
雲仙は以前使用していたのですが、どうやら在庫限りのようですので、使用を控えています。
春風は雲仙と似た感じですが、流派東方不敗の技量では弦音が出ませんので、使っていません。
富士は桂と似た固さですが、弦音は桂ほど高く出ません(出せません・・・)、持ちは桂よりは持ちます。
谷口は弦が柔らかく、かなり長持ちします。弦音は桂のように高くはありません。(出せません・・・)
桂は弦が固く、谷口と比べるとかなり持ちません。弦音は三つの中では一番高いです。(調子が良いと出せます)

価格帯は2寸伸で
富士 1,350円~1,600円
的印 1,800円~2,000円
桂   1,900円~2,200円
となっています。問題なのは最近富士の値上がりは激しいことです。
以前は1,100円くらいだったので、安心して使っていました。
現在は、店によっては富士が1,600円となると、選び方では的印と200円しか違いません・・・。
弦の持ちや、弦のよさから考えるとあまり稽古用としておいしくなくなってきました。
稽古用を的印に使用かなぁ~、弦は持つし、と考えています。
それにしても麻弦が高くなりました。これでは中々継続して使いずらい
モノになってしまいます。
 安くてよい麻弦が欲しぃです。使い続けるためにも・・・
ブログをご覧になっている方は「あれ?」と思われたかも知れません。
そうです、最近新弓を立て続けに購入しています。
よって播磨竹禅ニベ弓他3張り慣らし中になります。
どんな慣らしをしているかといいますと、
第一段階 大三で離し100本程度
第二段階 目通りで離し100本程度
第三段階 口割で離し100本程度
引くことにしています。

注意点は、
①末弭と本弭の弦の拳が関板の中央からずれていないか?
②上関板を通る弦が関板の中心を通っているか?
③握りの位置で弦が弓に入りすぎていないか?
④弓の姿(成り)が変わっていないか?
⑤弓に破損、故障箇所が無いか?

これらを引く前、引いている途中、引き終えてから確認するようにしています。

①角見を効かさず、弓を捻らない事、
②会は持たないこと。
③重い矢を使うこと。
④引き戻しをしないこと(素引きなど)。

が慣らし作業の鉄則です

第三段階が終わりましたら、一度弦を外して、裏反りの回復度合いを見ることになります。
弦を外して、五分ほどで1センチ以上戻りがあるようだとまだ弦を外すには早い、というのが一つの目安です。
弦を外して裏反りが安定したところで、弓を上下とも地面に着けて、裏反りが何センチくらいか確認する必要があります。
 ちなみに播磨竹禅ニベ弓は荒弓ですので、第三段階を終えて300本くらい引いたところで荒弓から削ってもらい、
銘の入った弓にしていただく予定です。(今回はニベ弓なので花押も入る予定ですが)
                                 IMG_3009.jpg

他の弓は銘が入っており、仕上がったはずの新弓ですから、様子を見ながらデビューということになります。
もちろん湿度・気温の高い季節(梅雨・夏)には休ませて成りを整えないと、折角の新弓が台無しになってしまいます。
この1年目の調整が長く安定した弓として自身
の下で活躍できるかどうかの分かれ目
になります。
新しく冴えが良いからといって、バンバン引いていると(引きたくなりますが)
あっという間に珠玉の逸品が、残念なものに成り果ててしまいます
 新弓ですから、弓の固さや、離れのときの荒さを感じます。
これがだんだんこなれてくる様子を確認できるのが非常に良いですね。
 しかし、現在慣らしが4張りです。4張同時に慣らしを進めています。
となると、毎回巻藁だけで、40射・・・。これはまぁまぁ骨が折れます・・・
IMG_3051.jpg
201106192040132fc_2017122208265684f.jpg
ハザマ師匠のところを訪問した時に、男性のお客様が来ておられました。
しばらく弓を眺められていましたが、「もしかして、流派東方不敗さんですか?
「ええ、そうですが、なぜわかりました?」
「以前、審査でブログのカケを使っている人を見かけて、よく似ているなと思い。声をかけてみました。」とおっしゃる。
 そうですか、ブログのカケ、たくさんの受審者の中でよく見つけましたね・・・。お眼が高い。
なかなかの方とお見受けしました。
 それで、お話をお伺いしていると、どうもこのブログが悪影響(笑)を与えて
洗脳させてしまったようです。どうやら肥後三郎と松永萬義が欲しくなり、
居ても立ってもおられなくなり、九州や関西圏の弓具店をはしごして入手されたそうです。
 弓を拝見しましたが、それぞれらしい「成り」をされていました。「側木が美しいですね」というとニンマリされ、
「ずっと見ほれてしまいます」そう、側木が綺麗だと取りかけのときに見ほれて、うっとりとしてしまいます。
南斗六聖拳のユダが同じくレイの技の美しさに心を奪われた時のようです。
 しかし、その観点や行動力はいい感じのやられっぷりです。このまま突き進んでいただきましょう。
ハザマ師匠を訪問は2回目だそうですが、これも洗脳されたようです。
前回の訪問でハザマ師匠に「次は自分の弓をもってこい!」
と一喝されたようで、今回肥後三郎と松永萬義を持参したようです。
 それで、今回二張りを検分されるのと、松永萬義のサブ弓として播磨竹禅のニベ弓を
検討されているようです。いきますねぇ。
萬義のサブ弓に播磨竹禅のニベ弓はとても良い選択だと共感します。
私もちょうどその選択をしたところですので。。。
 問題はいつ出来るか、ちょうど良いものになるかどうか・・・。

それでも、弓具がきっかけで、弓師のところで人が繋がっていくのは楽しいですね。
ただ、柴田師のところといい、ハザマ師匠のところといい、かなり濃度が濃いですが。

                                  IMG_3009.jpg