FC2ブログ
今回の初心者弓道教室は終了直後に市の競技会と審査会が二週連続で
ある展開でした。そのため、それぞれ希望のほうに参加してもらうことにしました。
 経験者は競技会と審査会。未経験者は審査会には間に合わないので、競技会に参加。
ということで、教室終了後フォローアップとして週二回練習日を設けました。
 その日の前半で射技指導、後半で競技の間合いか審査の間合いを練習します。
経験の少ない人には混乱を招く練習ですが、時間が有りません。
整理して、これは競技の間合い、今からは審査の間合いと説明しても混乱しますが・・・。
 それでも、順調にこなしてもらい、
審査会では経験者チームの中から3名受審で
3名とも合格

競技会では好成績は残せませんでしたが、競技役員のお手伝いもこなし、無事終えることが出来ました。

それぞれ聞いてみますと、
「とても緊張した!」
「高校生の時にこんなに緊張してたのだろうか?」
「年に一度はここで開催されるので審査を受けようかな」
などと感想をいただきました。

競技会や審査会が日曜日に開催されるといっても
やり繰りしないと出てくることはできません。
 そこで無理をすると、折角帰ってきた弓道の世界がまた
遠のいてしまいます
。そうなると、もう二度と戻ることは
無いでしょう。
 改めてですが、弓道は職業ではなく、弓道をすることで物質的に
豊かになることはありません。家庭(単身であっても)があって、
仕事があってその中で余暇の時間が取れる人が同じ趣味で
時間を共有する
というこだと思います。
そこで、競技思考の人、審査思考の人、健康増進思考の人など等
それぞれにあった弓道との付き合い方を選んでいく。
そこで弓道を通じて精神的な豊かさを養うのかなぁと
私が若いときには価値観や取り組みを強要されたので、
それはないように「啐啄同時」を心掛けたいと思います。

 初心者教室生が無理をせず、それぞれのペースで
末永く弓道を続けることが出来ることを祈っています。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/507-6fbe3358