FC2ブログ
受講該当者に教室開催前に説明会を行いました。
弓道を始める上で、一番最初に伝えていないといけないことが二つあります。
それは、時間と費用の二つのコストについてです。

一つ目は、「一人で弓が引けるようになるには、
週2回の練習で6ヶ月以上かかること
」です。
未経験者のイメージではいきなり的を引いてポンポンと中る
ように思えますが、そうは行きませんよね(笑)。
危険防止が一番にやってきます。十分な練習をして、体力をつけて、
弓技が上がってこないと独り立ちは中々できません。
途中で事故があれば、最悪弓道場を使用できなくなる可能性もあるわけですから。
スケジュール観を示さないと、
「一体いつまでこの変な体操(徒手の八節)を続けるんだろう、面白くない!」
ということに成りかねません。
教室が3ヶ月、そこから合同練習を3ヶ月経て何とか一人で
引くことができるようになるでしょう。そこから完全に独り立ちは1年、
初段取得を一つの目安にしています。
ですから、「そのくらい時間はかかりますよ」、○o。(○゚ω゚)ノャァヽ(゚ω゚○)。o○
「落ち着いて取り組んでいきましょう」+゚。*(*´∀`*)*。゚+という紹介になります。

 二つ目は「衣装から始まる弓道具を全て揃えると、10万円程度費用がかかること」
①道着、袴、帯、足袋で12,000円位。②弽25,000円、③矢15,000円、④弓40,000円位。
⑤矢筒、弦巻他もろもろで100,000円は超えてしまいます。
kake.jpg   弓道具 001   CIMG1417.jpg

一度に購入するわけではないですが、①と②は教室終了後にたちまち必要になります。
必要性と購入時期を大まかにお知らせしていないと、
「壷を売る怪しい団体商法」みたいになりますから要注意です。

 この二つのコストをご理解いただいた上で参加しないと、
「弓道をしてみたい」と折角一生懸命時間を繰り合わせて教室に参加したのに、
弓道が続けられないということになってしまいます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/504-6453a784