FC2ブログ
今回の教室も3ヶ月間ですが、22回と大幅に回数を減らしました。
というのも、前回3ヶ月36回の開催でしたが、結局歩留まりは
1割
です
1割の歩留まりはさして低いとは思いませんが、
それにかける受け入れ側の労力はかなりのものです。
会員と話したのですが、今回は深く掘り下げず、教室後に
引き続き弓道をしたい人にのみ深く指導する方針としました。
ただ、軽くというのはニュアンスもあり、指導に温度差が
出てしまいます

 そこで役に立ったのが、全日本弓道連盟が監修した指導書
「弓道」です。
                         IMG_0619.jpg

主に中学校武道に向けた指導テキストになっています。
弓道の授業を10回程度に分け、とりあえず矢を飛ばすところまで
こぎつけることができます。
教室開催にあたり、困るのが回数とそれに伴う指導内容とプログラムの設定です。
このテキストを参考にすればあまり迷うことはありませんね。
 この中で秀逸なのが「技能の完成度」、と「射法八節観点別評価基準例」です。
講師陣の受け取り方もありますが、指導方法は画一化できます。

弓道未経験者には「評価基準の3点を目指しましょう。」
弓道経験者には「評価基準の5点を目指しましょう。」


と目標を定めることができ、指導もそれに基づいたものができます。
しかし、この内容よくよく読んでみると、
「本当にあなたは出来ていますか?」
と問いかけられると背筋が寒くなります・・・。
どうしても普遍化した文言を使わざるをえませんが、
よく考えられている文言だと思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/502-1eec0fc4