FC2ブログ
初心者教室を再開することになりました。
勿論、弓道の普及啓発が目的です。
全弓連会長も挨拶でいつも述べられていますが、
過去に弓道をやっていた会員の掘り起こしと、新規開拓が主になります。
 色々な告知媒体でお知らせすると、
弓道をやっているんだ」「どこでできるんだろう」「昔やっていたけどまたやりたいな
など意識の掘り起こしになります。
実際、体験コーナーなどをやると、他の競技よりもはるかに多くの体験希望者が集まります。
「体験コーナーがあるからちょっとやってみようかな?」
ニーズは確かにあります。
しかし、今回の再開の主旨は内発的な理由が強いです。
というのも、教室を中断してしばらく新規希望者を五月雨式に受け入れていました。
それで、どうなったかといいますと、進捗が全く違う素人がたくさんいて、
年中初心者指導をしているカオスな状態になりました。
指導を頂いている会員に負担がかかり、自分の弓が引けない状態になってしまいます。
 裾野は広げたいのは山々ですが、
皆そのために道場に通っているのではありません
本来は自分が弓を引きたいがために弓道場に通っていますから。
というわけで、それならば教室を開催しようと。
そして、新人はその時期しか受け入れないことにしました。
経験者はそこまで手がかからないので、随時としました。
 受講対象の選定も難しいですね。小中高については対象外としました。
もっぱら道具の確保が難しいということです。
というか、子ども用の道具を購入する資金も乏しいですからね。
高校生は部活動でやってくださいということで、
部活動として弓道部があるにも関わらず受け入れるのは
部にたいして仁義に反しますから、受け入れないとしました。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/501-bc7f7dfb