四寸と二寸の萬義の比較をして見ます。
二寸は重昌師、四寸は三代目の製作と推定されます。
弓の大きさは異なりますが、それぞれ仕上げは丁寧です。
そのあたりのクオリティは他の肥後三郎シリーズより確実にランクが上です。
              IMG_4589.jpg

成りは以前にもお伝えしましたとおり、四寸の方が胴が入っています。
しかし、ある程度矢数を掛けて成りが整ってきたら落ち着いてくるはずで、その時の差異を見たいと思います。

末弭の形ですが、若干変わっています。肩が上がっているような感じですね。
九字の切り方は変わっていないように見えますが。鼻の長さも短くなっています。
 本弭の形ですが、こちらも肩が上がっているようで、鼻の長さも短くなっています。
末弭、本弭とも個体差なのか、製作時期の違いから来るものなのか、検証が必要です。

                           IMG_4593.jpgIMG_4594.jpg
 
側木なのですが、それぞれ素朴でありながら美しく、杢目が綺麗です。
外竹も内竹も少し焦がされた竹です。存在感は薄めに見えます。
ただ、よく見ると三代目萬義の側木からはニベ口があちらこちらで見られます。
IMG_4592.jpg

二寸萬義は殆ど見られないので、大きな違いといえます。
二寸萬義のほうが茶色いのは、日焼けや経年劣化ではなく、
前回のハザマチューン後に流派東方不敗が塗ったカシュー透き漆の
溶き方が濃くて色が濃いだけのことです。
 
そして二寸と四寸の最大の違いは銘にあります。
焼印の花押も気持ち違う気がするのですが、緑字の「重昌」の字体が全く異なります。
奥が四寸萬義なのですが、二寸伸の力感がなく、なんだかテキトー感が感じられます。エライ違います。
                                    IMG_4590.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/494-d7d1792e