2018.05.11 四寸伸の竹弓
前回の悲しいお知らせから、落ちに落ちたモチベーションを無理やり引きずり上げられることになりました。
「四寸伸だけど、萬義だったんよ。いる?いらない?
この場面で「いらない」といえる人がいるのでしょうか。。。。。
そんな人は弓道具愛好家の風上にも置けない、武士の名折れですね。

 四寸伸「松永萬義」の登場です。やりすぎ感満載ですね。

 松永萬義弓については究極の弓、真打の弓として流派東方不敗も二寸伸を所有しております。
それは、以前お知らせしてきたとおりです。(2008年12月頃)
 あの緊張感、ときめきを10年ぶりに、もう一度よみがえらさなくてはなりません。(もう、10年経ったのね・・・)
 ちなみに、今の季節、二寸伸松永萬義は絶好調です。弦音良し、弦返り良し、矢勢良し、会での状態も非常に気持ち良いです。
 そして、所有弓のラインアップだけ見ると範士級ですこれだけの弓を頂いても、腕は全く追いつきませんが。

 早速持ってみましたが、さすがに軽い。ハザマ師匠と使う黄櫨が異なるため、脂身の少ない厳選された黄櫨を使っているにしても、弓が軽い。執弓の姿勢をとって見ますと、弓がピタッと止まります。会の姿勢をとってみても、弓の上下のバランスが良いです。
さすがです。このワクワク感、たまりません、IMG_4583.jpg
贅沢
です。

 今回は松永萬義二寸伸と四寸伸の比較、松永萬義四寸伸と肥後三郎四寸伸の比較をご紹介していきます。
とりあえず、次回は松永萬義四寸伸を見ていきます。

                                
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/490-f7a8923d