FC2ブログ
2018.04.10 恐怖の火入れ
 柴田師やハザマ師のところや弓具店で弓の手入れをお願いすると
火入れして、弓の成りを矯正することがあります。
 ガスコンロであったり、電熱線であったり方法はいろいろですが
見ていると、弓に熱を入れ、そこに圧をかけると弓の成りが変わっていきます。
見ているほうからすると、「弓が壊れてしまうのでは?」と、
恐怖以外のナニモノでもありません。  宣斎弓ごよみにも火入れの方法が記載されてあり、やってみたら?みたいな記載がありますし、ハザマ師匠も「こうやるんや!」と実演のあと、「やってみろ」と仰る。よって一度やってみることにしました。  弓は柴田勘十郎ニベ弓です。皆さんもご存知の下成が立ちまくっている部分、ここを少しだけふくらみを持たせた弓にしてみたい!と挑戦です。                              sibakan旧   しかし、焼入れには「失敗したらどうしよう」という恐怖が!  その恐れを振り払いながら、下成りの辺りをストーブの熱で10分ほど熱して、弓が熱くなったところで小反節よりも下側を内竹側から恐る恐る踏んで見ました。 一度踏んでみたら、ビミョーに膨らみ、気持ち丸くなりました。 おおぉ~変化するじゃん、 ということで、もう一度ストーブの熱で熱してみます。触ると弓が熱い・・・。  もう一度、今度はしっかり踏んでみます。おおお~、曲がった曲がった。なんか、下成りのふくらみが出来ましたね。  しか~し、よく見るとなんか踏んだあたりが出来気味になってる暖かいうちに再度踏み込み、矯正してみました。 その結果・・・ sibakan新 こんな感じです。 火入れ前との違いお分かりになるでしょうか? 若干小反節のあたりが膨らみ、普通の弓(笑)のような下成りになりました。 それでも、十分立っていますが。 恐る恐る火入れ矯正をしましたが、うまく出来たかな~~。 ひき味の変化はまだわかりません・・・。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/485-215df4a4