FC2ブログ
ブログをご覧になっている方は「あれ?」と思われたかも知れません。
そうです、最近新弓を立て続けに購入しています。
よって播磨竹禅ニベ弓他3張り慣らし中になります。
どんな慣らしをしているかといいますと、
第一段階 大三で離し100本程度
第二段階 目通りで離し100本程度
第三段階 口割で離し100本程度
引くことにしています。

注意点は、
①末弭と本弭の弦の拳が関板の中央からずれていないか?
②上関板を通る弦が関板の中心を通っているか?
③握りの位置で弦が弓に入りすぎていないか?
④弓の姿(成り)が変わっていないか?
⑤弓に破損、故障箇所が無いか?

これらを引く前、引いている途中、引き終えてから確認するようにしています。

①角見を効かさず、弓を捻らない事、
②会は持たないこと。
③重い矢を使うこと。
④引き戻しをしないこと(素引きなど)。

が慣らし作業の鉄則です

第三段階が終わりましたら、一度弦を外して、裏反りの回復度合いを見ることになります。
弦を外して、五分ほどで1センチ以上戻りがあるようだとまだ弦を外すには早い、というのが一つの目安です。
弦を外して裏反りが安定したところで、弓を上下とも地面に着けて、裏反りが何センチくらいか確認する必要があります。
 ちなみに播磨竹禅ニベ弓は荒弓ですので、第三段階を終えて300本くらい引いたところで荒弓から削ってもらい、
銘の入った弓にしていただく予定です。(今回はニベ弓なので花押も入る予定ですが)
                                 IMG_3009.jpg

他の弓は銘が入っており、仕上がったはずの新弓ですから、様子を見ながらデビューということになります。
もちろん湿度・気温の高い季節(梅雨・夏)には休ませて成りを整えないと、折角の新弓が台無しになってしまいます。
この1年目の調整が長く安定した弓として自身
の下で活躍できるかどうかの分かれ目
になります。
新しく冴えが良いからといって、バンバン引いていると(引きたくなりますが)
あっという間に珠玉の逸品が、残念なものに成り果ててしまいます
 新弓ですから、弓の固さや、離れのときの荒さを感じます。
これがだんだんこなれてくる様子を確認できるのが非常に良いですね。
 しかし、現在慣らしが4張りです。4張同時に慣らしを進めています。
となると、毎回巻藁だけで、40射・・・。これはまぁまぁ骨が折れます・・・
IMG_3051.jpg
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/481-0a25a1b2