春を迎え、京都に向けて、松永宣斎の慣らしと共に、肥後三郎ニベ弓を取り出し、引いていました。
冬場から、春にかけて好調を維持していた、ニベ弓肥後三郎、絶好調でした。
 快調、快調、絶好調。弦音も良い、矛止まりもピタッと来る。矢勢もばっちり、矢が的に伸びていく感じです。
う~ん、エクセレント
 しかし、好事魔多し。甲矢でエクセレントな矢が出た、乙矢でした。
大三から引き分けにかけて「?」小さな変化。引分けて離れた矢は力なく、的の下に掃き矢です・・・。
???と思い、弓を確認・・・。

外竹切れが
こうがいが
コウガイが
甲害が
笄が

どの表現でも変わらない。
                                IMG_3261.jpg

なってしまったぁ~。Orz
長期戦線離脱決定。珠玉の逸品を失ってしまいました。
なんてことだ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/467-3c4d7ddf