2017.01.22 松永宣斎登場
松永萬義と双璧をなす、松永系最高の弓松永宣斎、評判から行きますと現在最高の弓でしょう。
 そんな松永宣斎がひょんなことから流派東方不敗の元にやってきました。究極の弓、至高の弓、いよいよ最後の砦まで辿りつきました。といっても早すぎますが。。
 簡単に紹介しますと、
松永重宣 並製は3本ヒゴで合成弓、内竹焦竹
松永重宣 上製は5本ヒゴで合成弓、内竹は煤竹
松永重宣 ニベは5本ヒゴでニベ弓、内竹は煤竹
松永宣斎 ニベは5本ヒゴでニベ弓、内竹は焦竹

普通は並作でも入手困難な作品になっています。特にキロ数の強い弓はなおのことです見つけたら、何をさておいても購入意思を示し、支払い方法は後から考えましょう
 さて、松永宣斎の詳細は松永重宣師の著書「松永宣斎弓ごよみ」をご覧いただくとして、ニベ弓で重宣師が精魂をこめて打ち込んだ弓です。重宣弓シリーズの中でも素材選びから製作まで半端ない妥協のない弓です。
 
 京都大会でも稀に販売しているのを見ることが出来ます。ただし、前述のとおりほとんどが弱い弓ですね。昨年の京都大会では販売している松永宣斎弓が重宣師の目に留まり、「打ってから時間がそれほどたっていないのだから販売には早すぎる」と苦言を呈されたそうです。それで弓道誌の松永重宣師意見投稿になったのでしょう。
 そう入っても、ユーザーとしても垂涎の弓ですから、欲しい・・・。弓具店からしても目玉の弓ですから、おいておきたい・・・。しかし、買えば引きたくなる・・・・。
 頭の痛いところです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/459-59d3f942