2016.07.18 薩摩竹山
 流派東方不敗の特派員の情報によりますと、「薩摩竹山」という弓がデビューしているそうです。
 なんだか「播磨竹禅」に響きが似ていますが、永野一翠のお弟子さん?だそうです。
                                   IMG_1007-01.jpg

 永野一翠の弟子?と言っても工房で製作する弓ですから、どうなんでしょうか。機械を譲り受けて、造り方を伝授されたのでしょうか。OEMであれば猪飼弓具店の「猪飼秀重」銘の弓が永野一翠のOEMとして有名ですよね。永野一翠余栄も少しお安く購入できる、コストパフォーマンスの高い弓です。
 さて、この薩摩竹山、永野一翠より価格が安い設定だそうです。まぁ、弟子なら勿論そうなりますが。
 流派東方不敗の邪推ですが、推論を立ててみました。
 永野一翠シリーズは巷を席巻していますが、最近価格が少々お高くなってきた。 銀永野とか、銀特を製作して販売しているものの、廉価版の売れ行きはイマイチ・・・。弓具店でもほぼ見たことないですもんね。
 そこで、金文字を値下げするわけにも行かず、苦肉の策として別の銘で販売を始めた。そんなところではないかと推測します。
「薩摩竹山」情報を持っている方、ご教示ください。気になって夜も眠れません(笑)
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/451-fcdfbb69