Y博士に連れられて、岡山市内の閑静な住宅街にある加藤弓工店を訪問しました。
愛知県のカケ師の加藤弓具店とは違います。念のため
 播磨師のところで修業され、弓師として独立された新進気鋭の加藤さんです。住宅の離れのようなところが工房で、コンパクトにまとめられ、全てに手が届くところ炉で一張り一張り丁寧に打っている様子が伺われます。
 Y博士の弓も拝見しておりましたが、周りの人に引いてもらい、弓引きからの意見を聞いて、自分の感覚と併せながら弓作りを進めているようです。現在の銘は「真康」。これから長銘も展開していく予定だそうです。
                                 kato-01.jpg
 現状弓のシリーズは竹は岡山産、側木が桜で作られているようで、側木の櫨もこれから取り組んでいくようです。加藤さんが弓作りに納得した形で弓をお届けしたいそうです。お話をしましたが、非常に穏やかでインテリジェンスの高い方とお見受けしました。
 それでは、次回は「真康」(さだやす)弓のレビューです。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/438-31b126aa