FC2ブログ
2015.05.31 柴田勘十郎弓
 流派東方不敗の道場にY博士が加入して、稽古に来るようになりました。
流石、筋金入りの弓道具愛好家です。魚らん坂弓具店に引き続き、突っ込んでいただきました。そう、流派東方不敗が入店までも何年もかかり、購入には保津川ダイビングまでして決心して購入した、柴田勘十郎弓をしかもいきなりニベ弓を購入してきたのです。
合成弓を飛び越えて、いきなりニベ弓ですか。うらやましさのあまり、姑いびりのような「まずは合成弓からでしょう」的なコメントは差し控え拝見しました。
 4寸伸びニベ弓です。しかも気持ち鶉杢のようです。相変わらず、内竹の白さと櫨の黄色い天然素材が美しい。
IMG_1117.jpg左が流派東方不敗、右がY博士の勘十郎弓
 Y博士のニベ弓は新弓ですので、上成にニベ剥離予防の糸を巻いています。6月には新弓のため、里帰りし、最初の夏は柴田勘十郎弓店で空調管理の下過ごすことになります。
                                 IMG_1118-01.jpg 
 側木の黄櫨の美しさにしばし見とれていると、ニベだまりを発見し、またニンマリしてしげしげと見入ります。弓道具愛好家至福のひと時です。
                      IMG_1120-01.jpg
う~ん、美しい。エクセレント
 そして成りは、やはり京弓柴田勘十郎弓です。上成りの優しいカーブと下成りの鋭さ。これを分からない人は、輪からなんですよね、残念ながら。この弓を引きこなすか、寄り添って引き続けるか、決断ができたものだけが、味わえる京女です。
                                                           IMG_1121-01.jpg

 最近、柴田勘十郎弓店に飾っている弓を見ると、一般の弓引きの方が見ても違和感が無く、抵抗を覚えない成りの弓が見られるようになりました。この成りの弓であれば、とっつきやすいかもしれません。
 Y博士も柴田勘十郎ユーザーになりました。もう迷ってはいけません。信じるのです、信じるものは救われる。弓の作り手が意図する弓の使い方、性能を遺憾なく発揮するのが引き手である我々の務めです。
 柴田勘十郎弓に興味のある人は、先入観やネガティブな意見に惑わされることが無く、自分の目で確かめてください。そして自分の五感で弓の引き味を堪能して下さい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/428-f14c1491