それから、恩師が率いる軍団というわけではないですが、全国遠征を繰り替えし、活躍するチームに入って試合に出るようになりました。緊張感も違うし、試合前後の終了も違う。また練習間の指導、選手同士のディスカッションも全く異なりました。
 そして、恩師のチームメイトの全国での顔の広さ、これには驚きました。恩師一団はいろんなところにネットワークがありました
 そして、流派東方不敗は同級生3人で構成される3人チームに入れてもらいました。そのチームは恩師チームのジュニアチームのような編成でした。しかしながら、嫌なことを強要したり、指導を一方的に押し付けがましくしたりというようなことは無く、過去の栄光にすがることも無くチームというか軍団でした。流派東方不敗も知り合いのような仲間でしたので、大変過ごしやすいチームした。社会人弓道の団体戦の醍醐味、取り組みを初めて知った、教えていただいた気がしました。
 後で恩師が同級生に言った言葉を同級生から聞きました。「あいつが折角弓道に前向きに成っているのに、つぶされてしまう。」「しょげて、落ち込んでいるからなんとかモチベーションが上がるようにしてやらないといけない」
 このチームは本当によく練習をしていました。そして指導内容も確認しあい、理解するまで詰めていく、そしてできているか、確認をする。必要以上には干渉しない、そういうチームでした。
 恩師率いるチームに一度だけ、トーナメントで当たったことがあります。その時は完敗でした。その時に「どうだ、参ったか」といわれてしまいました
 それでも、年齢も経験も違う社会人チームで戦う喜び、意義、目的について考え、体験することができました。これは本当に貴重な経験になりました。
 恩師は誘い方は強引でしたが、流派東方不敗にそういう機会をさりげなく提供していただきました。
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/424-559e2afa