大学を卒業して、地元に帰り社会人として弓道に取り組むことになりました。復帰早々恩師に誘っていただき、国体予選に出場しました。遠近40射でしたが、遠近とも16中、良くも悪くも無い成績でした。ところが、予選会終了後当時地連会長であった故A範士が寄ってきて、恩師に「あれば誰だ?」ということで恩師に呼ばれました。
「流派東方不敗と申します。大学を卒業して帰って参りましたので、これからよろしくお願いいたします。」
「どこで弓道斜体文をしていたのか?」
「大学の弓道部では弓を引かず、一般の道場でお世話になっています」
恩師が 「流派東方不敗は☆☆先生に師事して、4年間お世話になったんですよ」
「何?☆☆先生のところでか?」「う~ん、わかった。これからがんばれ。」

恩師によると当時の地連の弓技は小離れ全盛の時代。流派東方不敗は大離れを習って初歩的段階の習得をしていましたが、地連の中では異質で非常に目立ったようです。「素人みたい」って評されることもありましたが、A範士は全日本弓道選手権にも再々出場されていたので、大離れが主流になっていることを十分理解していました。そして、活躍している☆☆先生(過去記事参照)のことも良くご存知でした。
 恩師も帰り道で、「今日引く様子を一日見ていたが、今の全国で活躍する引き方を身に着けてきたようだな」、「それを皆に教えてくれ。本場の弓をレクチャーしてくれ」とはげましてくれました。そうは言いながらも、習熟度不足であることは分かりますので、これから恩師の指導を受けながら二人三脚で稽古をすることになりました。
 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/415-d1b08b65