2014.06.28 矢羽根問題
前回、「全日本弓道具大会その3」でお話しました、矢羽根問題ですが、流派東方不敗の読み間違いがあったようです。
ワシントン条約付属書のP42はタカ目全種(ワシ類、ハヤブサ類、タカ類、コンドル類)が付属書Ⅱの取り扱いとなります。ちなみに付属書は平成26年6月24日から発効になっています。
「現在は必ずしも絶滅のおそれはないが、取引を規制しなければ絶滅のおそれのあるもの」と規定され、商業目的の取引は可能で、輸出国政府の発行する輸出許可書等が必要ということです。ですから、一部の弓具店では矢羽根の輸出許可証を用意していますよね。
 その中でもオジロワシは付属書Ⅰですから、「絶滅のおそれのある種で取引による影響を受けている又は受けるおそれのあるもの」、で学術研究を目的とした取引は可能、輸出国・輸入国双方の許可書が必要ですからより厳しいですね。
 ワシントン条約に対応する国内法として「種の保存法」がありますがその改正法が、平成25年6月12日に公布されました。国内希少野生動植物種一覧表を見ていただくと・・・・残念ながら全滅ですね。完全アウトです。
「捕獲等は原則として禁止されていますが、学術研究、繁殖、教育、個体の生息状況又は生育状況の調査などの目的で捕獲する場合は、環境大臣の許可を得たうえで捕獲することができます。」
それぞれ、保護増殖事業計画なるものが文科省、農水省、国交省、環境省の共同で立てられています。
この中でオオタカはリストから外れそうですね、増えたのかな?計画に基づいて猛禽類がものすごく増えたら、矢羽根に再びできる日がやってくるのでしょうか。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/403-377cdd56