120430 001-01
 今回は「貞勝」カケの特徴をレポートします。
カケを挿すとまず気が付くのが、控えが柔らかいことです。無争カケほどペナペナではないですが、柔らかい…。勝手手首に控えがフィットします。控えが固め(分厚い)の征矢カケとは異なります。
親指関節は自然と真直ぐに伸びます。ここは征矢カケとは大きく違い、征矢カケは親指関節が若干曲がる感じでカケを挿します。カケを挿すと自然と勝手の甲が上を向くようになります。捻る感じではないですが、親指全体を折り込みやすいこともあり、某センセイがおっしゃるように「筈を挟む」感じの取り懸けがし易そうです。
 少し気になるのは。台革部分が少し斜めになっていて、流派東方不敗はカケ紐を巻いた状態がしっくり作れませんでした。上手にやる方法があるのかなぁ?
120430 010-01

 さて、「貞勝」の弦道ですが、無争カケと同じFRP樹脂ですね。まず壊れません、変わりません。自分で削らない限り・・・。FRP素材を使った、弦道については功罪ありそうですね。
 そのあたりが、「貞勝」カケの特徴でしょうか。この特徴を活かした引き方をどうやってするのか、というところですが、試射レポートは次回ということで。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/341-141134d7