以前紹介しました、大分の安部弓具店の「貞勝」のカケを道場の人が手に入れましたので、比べてみました。
                       120430 001-01
 このカケ、オーダーしてから1年以上かかり手に入れたそうですが、某センセイの関係のカケだとか何とか・・・。オーダーが殺到していて、注文後中々手元まで届かないようですね。
 早速流派東方不敗の「征矢 誂」と比べてみました。価格帯もほぼ同じですからね。注目のカケを要チェックです。これぞ、弓道具愛好家の最大の楽しみですね。
 120430 005-01
 まずは、見た目から…。流派東方不敗の「征矢カケ」が若干古いのはご容赦いただいて、革の質を見ますと、「征矢」はきめ細かい革質で柔らかいです。それに比べ「貞勝」は硬く分厚いです。「貞勝」は角傷も見えますから、大人の鹿の革でしょうか。フィット感、革の上質感は「征矢」カケの方が良いですね。さすが誂、「いい革を使ってるぞ!」という感じです。
 ちなみに「貞勝」のカケ紐・・・これも価格の割りにしょぼいです。余りいい革が無いのかな?
 革や捻り皮の縫製や仕上げ感についてですが、これも征矢カケの方が良いですね。きめ細かさ、正確さが違うように見えます。批判を受けそうですが、商品として並べて見たら「征矢カケ」の方が良く見えますね。
 それでは、次回は「貞勝」カケの特徴をレポートします。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://sekihatenkyou.blog113.fc2.com/tb.php/340-0e7fb183