FC2ブログ
前回お知らせしたとおり、大学弓道部の立ち上げにコミットすることになりました。
整理しておかないといけない問題はたくさんあります。
学内の問題は顧問の教授と相談いただかなくてはなりません。
今回、先生は弓道未経験者でしたので、運営相談は教授、
弓を引くことは流派東方不敗と分担を分けることになりました。
教授も「お時間が出来れば、弓道いかがでしょうか・・・。」ということで
弓を引くことに特化できましたので、問題を整理しやすくなりました。

その中でも
1 射技について
2 道具について
はよく考えておかなくてはなりません。

1 射技については、初心者は全弓連流とし、正面打ち起し礼射系を基本としました。
経験者は高校の時の流派そのままで良いとしています。
斜面から正面に変えても良いとも伝えて、選択は任せています。
 学生時代に斜面打ち起しで弓道をしていたが、正面打ち起しに変更した
という例をよく聞きます。社会人に指導者が見当たらないから、
というのが大きな理由だそうです。
 幸い、流派東方不敗の道場には、印西派、印西派浦上系、紀州竹林
などいますので、正しい指導が出来るかどうかは別として、まぁまぁ対応できます。
正面礼射系で弓を引いていれば、卒業後、どこに行ってもそれなりには
対応できるかなと思います。
 流派弓道を習っていて、将来地元に戻り就職するつもりとか、地元に指導者が
いるため、定期的に指導を受ける機会がある
などの場合は無理をして引き方を変えることは
無いと思います。そのため、習ったことを詳しく聞き取り、習っていることが反復でき、
技術的に向上できるようになればよいなあと思っています。
スポンサーサイト