FC2ブログ
佳也弓の成りを見てみましょう。
                   IMG_3793-01.jpg

これは重宣一門の成りと言って良いでしょう。
重宣一門の成りといえば、カモメ型ですね。
肥後三郎弓は下成りが立っている弓が多めですが、そこが異なりますね。
 ただ、同じ時期に製作されたであろう佳也弓ですが、気持ち成りが異なります。
左の佳也は上成が立って強くなっています。右の佳也は本当にカモメ型で上下の
成りが均等に広がっています。
重宣一門の典型的な弓の成りになります。やさしい感じですね。
だからといって、上成りが強い佳也弓が無いのか?といえば結構よく見かけます。
ちなみに上成りが強い佳也弓で上成りが弱くなったものを周りで見たことはありません。
 どちらが本命の成りなのでしょうか?私は上下とも均等なカーブを描いている成りが好きですが。
 そして、やはり持つと軽い弓です。ハゼの脂分の少なさからくる軽さと重心の良さからくる
感覚的な軽さを両立しているのでしょうか?
IMG_3797-01.jpg
スポンサーサイト