IMG_3052.jpg
松永宣斎と松永萬義弓強さはほぼ同じですが、大きさが若干違います。見てみましょう。

松永宣斎  幅     厚さ          幅    厚さ  松永萬義
        23.5  14.0  上切詰  24.0  13.0
        24.0  15.9  姫反節  25.0  14.0
        26.0  17.0  上成節  26.0  16.0
        27.0  19.0  目付節  28.0  17.5
        26.5  18.0  握り下   27.5  17.0
        26.0  18.5  下成節  26.0  16.5
        14.0  15.0  引掛節  24.0  14.0
        22.0  14.0  下切詰  23.0  13.0
   
                            IMG_3051.jpg
こうしてみると、松永宣斎は分厚く、幅が狭い、松永萬義は分が薄く、幅が広い弓に見えますね。
この特性、引き味にどのように影響があるのでしょうか。
削りやすいのは松永萬義か
スポンサーサイト
流派東方不敗はついに、「松永萬義」・「松永宣斎」と竹弓究極の二張を入手してしまいました。
やはり比べてみたいものです。引き味は慣らし後として、違いを見て行きましょう。

まずは成りです。
IMG_3051.jpg左松永萬義、右松永宣斎
松永萬義は江戸成りらしく、台形で胴が長い弓です。それに比べると松永宣斎はカモメ型で胴はそこまで長くありません。成りもここまで違うと引き味、離れの感じも異なってくるでしょう。
 並べると松永宣斎は太いですね。ほぼ同じ強さなのですが

次は関板です。
                                 IMG_3054.jpg左松永萬義、右松永宣斎
肥後三郎系は関板が低く、弦が関板を打つところが狭くなっています。
松永重宣弓は関板が高く、弦が関板を打つところが広くなっています。写真ではわかりにくいですが、関板の角っこの出っ張りのところを若干角を削り落とすように切っているのですが、それが弦音に影響するそうです。
関板の長さは松永萬義でも短いですが、松永宣斎は更に短いですね。 

次は銘です。
                                                                IMG_3052.jpg
兄弟で書きっぷりがぜんぜん違います。松永宣斎のほうが豪快です。
 松永萬義のほうが几帳面な感じですね。そういえば、三代目になった肥後三郎弓の松永萬義はそのまま「重昌」銘で出回っているようですね。
 いずれにしてもこの並び、贅沢です。もちろん、なかなか人前では引けません。厳重に自宅管理です

流派東方不敗の手元に来た、松永宣斎弓ですが、次は成りです。
IMG_3046.jpg
重宣弓シリーズらしい穏やかなカモメ型です。少し下成が立っているように思えますので、成を調整中です。
均整の取れたカモメにしたいなと思っていますが、松永宣斎の成りは違うのかな?

次は銘です。
                           IMG_3047.jpg

重宣 花押 が緑字です。そして「松永宣斎」と花押の印。しかし、重宣の花押と松永宣斎の花押が異なるのは謎です。松永萬義の「重昌」の緑字よりも太く力強い印象を受けます。
 そして外竹側にも松永宣斎の花押があります。
                                                        IMG_3048.jpg
肥後三郎であれば、外竹の同じ位置に「剛」と焼印があるのは合成弓、重宣弓はそれがないのですが、松永宣斎は外竹に焼印を入れてあります。

全体的に無骨な印象を受けます。普通の重宣弓の方が繊細な感じがします。なぜでしょうか。