2016.09.22 薩摩竹山2
某弓具店で薩摩竹山シリーズを発見しました。
内竹の色合いは今の永野一翠のような、こげ茶色でした。
成りは永野一翠とは異なり、胴の入った都城成でした。
成りは販売店によって違うようです
このお店の価格は
「薩摩竹山」が95,000円
「特 薩摩竹山」が100,000円
「特作 薩摩竹山」が110,000円
残念ながら、弓の構造の違いは確認できませんでしたが・・・。永野一翠と比べるとずいぶんお買い得です。
このくらいの価格で購入できると、初めて竹弓のユーザーになる人にはお勧めしやすいですね
後は使ってみてどうなるか、ですね~。
スポンサーサイト
2016.09.22 HDDクラッシュ
流派東方不敗です。
ご無沙汰をしております。
残念ながら、パソコンのHDDがクラッシュしまして、更新ができておりません。
ねたは少しずつ手に入れているのですが・・・。