真康弓のレビューを続けます。
関板を見ますと、内竹が関板の中に入っています。関板もミズメ桜で作られていて、白い関板が映えます。
kato-04.jpg
上下成り辺りから関板まで、細め・軽めに弓を仕上げ、竹のしなりを活かして矢を飛ばすのが播磨竹禅弓や真康弓の共通した、弓作りの考え方ですね。
                                       kato-05.jpg
下関板にも内竹が入っているのは、特徴ですね。外竹を内竹が押す力がより強くなり、破損防止にも役立ちます。
 さて、比較用に松永佳也に登場していただきましょう。松永佳也も側木は桜仕様です。
IMG_1743.jpg
 成りは松永佳也弓のほうが穏やかです。横から並べると側木の色の違いがよく分かります。松永佳也弓はニスの色が濃いのでしょうか。かなり黒く見えます。松永佳也弓の側木桜ですが、流派東方不敗も以前所持していましたものは桃色っぽかったのですが、この佳也弓の側木は黒っぽくみえます。側木の色一つで弓が優しく見えたり、きつく見えたりしますね。
 上関板は若干違いがありますが、どちらも内竹が関板に入っています。
                                                     kato-07.jpg
 また、切詰の辺りが「真康」弓は細いですね。白い関板、白い側木は珍しいため、新鮮で目を引きます。とても特徴的で、所有者の心を揺さぶります。
 最後に焼印を確認します。
kato-09.jpg
今回加藤弓工店を訪問しましたが、焼印を押す時は弓の曲面が邪魔して結構難しいことが分かりました。長銘作品にも期待ですね。流派東方不敗もぜひ挑戦して、ひき味レポートをしたいです。
スポンサーサイト
あけましておめでとうございます
今年も弓具ネタから弓道界に切り込んで行きたいと思います
 
さて、「真康」の弓ですが、Y博士の元に来ました6寸伸の弓二張りでレビューしていきます。
kato-02.jpg左二張が「真康」、右は比較用「松永佳也」です。
 成りを見ていますと、結構胴が入っています。播磨さんの弓は江戸成りですが、それと比べると胴がかなり入っています。そして比較の松永佳也も穏やかに見えます。上成・下成共に柔らかい曲線で構成されていますが、薩摩成とも異なります。もう少し胴が抜けると松永重宣弓の「カモメ型」になりそうです。
 側木は「桜」です。
                                  kato-03.jpg
 桜と言っても「ソメイヨシノ」ではありません。ミズメ(水目)桜ですので、野山に真直ぐ生えている桜です。古くは梓弓を作るときに使用されていた木材だそうです。「真康」弓は竹にも側木にもニスなどでコーティングしていませんので、素材のよさがよく分かります。側木は桃色ではなく、白っぽくみえます。竹は少し桃色に見えます。竹と側木の色で優しい弓に仕上っています。
 竹は岡山産のようですが、節が比較的高いようです。松永重宣言師は節が低いほうが良いと著書に記されています。柴田勘十郎弓、播磨竹禅弓、真康弓は節は高めですが、竹の産地や種類、考え方の違いでしょうか。