国体開催がそろそろ念頭に入ってきましたので、「おいでませ山口国体」を視察することになりました。なぜか、団長になってしまい、、、皆さんに頭を下げて視察に行っていただくことになりました。

 10月1日から詳しく視察しようとしましたが、まさかの出来事が。。。なんと天皇陛下・皇后陛下が行幸なされ、弓道競技をご覧になるということでした。今上陛下が国体弓道競技に行幸されるのは初めてのことで、とんでもない警備体制になっていました。なんと競技開催前日は誰一人競技会場に入れない!!

 さて、当日朝、弓道競技会場入り口はガードマン、制服・私服警官、SPが相当な数で動員されており、それぞれ話している言葉がいろんな方言でしたよ・・・すごい。入口の持ち物検査では厳重さが半端でない・・・。同伴者は、たばこの銀紙でアラームがなりました。恐ろしいまでのセキュリティチェックです。
231001 108

 陛下は少年女子近的競技に行幸なされました。いよいよ、陛下の行幸のお時間が近づいてきましたが、少年女子と競技役員の一部だけが動くことができました。一般人は文字通り一歩も動けない状況です。我々は、観覧席にも入ることもできず、モニターで競技の進行を見守りました。厳戒で厳重な体制の中、競技が30分間行われました。

 陛下が会場を後にされて、競技会場に解放感というか、安堵感に包まれました。無事終わってよかった。役員・選手の皆さん、とてもお疲れ様でした。


スポンサーサイト
「現代弓道講座」が復刊ドットコムで復刊を向けた動きをしていましたが、この度復刊しました。
Mixiの方では復刊の呼びかけをしたいましたがこのように早いタイミングで復刊していただくと、
ヤフオクで高価な価格で購入せずにすみ、安心です。。。
執筆陣が宇野要三郎 小山高茂 斎藤直芳 村上久 石岡久夫 という先生方ですもんね。凄いそうそうたるメンバーです。
これまでも、出典元が「現代弓道講座○巻○P」などどあることがあり、「知らんがなその本、見たことないがな・・・」ということがありましたので、いざ注文へ・・・。
 それでも、7巻セットで39,900円はちょっと高い・・・。外竹の張替えができます(笑)。雨露利燻製革仕様が購入できます。。。

本の内容
1巻:総論編
2巻:射法編(上)
3巻:射法編(下)
4巻:弓具施設編
5巻:科学体育編
6巻:弓道文化編
7巻:年表用語編

とりあえず、復刊ドットコムでポチッとしましたが、どこまで読み続けることができるのでしょうか。大学受験のときのように、赤本を買って大学に受かったような気になってしまった、過去を繰り返す気がしてなりません。また、本を読み解く力がない流派東方不敗ですから、どなたかのお力を借りないと・・・。
 在庫ですが、最初見たら残り45でしたので、購入しましたが、その後あっという間に残り15へ、それから何故か残り65、そして昨日残り14になっていました。先ほど見ると僅少(いくら?)4万円近くする本が飛ぶように売れますねぇ。
 今の弓道界で、こういった書籍を刊行できるセンセイはいらっしゃらないのでしょうか。現代ですから、平成の弓道教本、平成の弓道講座発行して欲しいですねぇ。
2011.11.09 残念なこと?
最近、弓道具の行方不明が続いています。
このブログにも幾度か載せた弓をはじめ、流派東方不敗のもの以外もあります。

竹弓 「吟翠」二寸伸21キロ 弓把16㌢くらい(高め) 籐五箇所巻
竹弓 「松永佳也」二寸伸22キロ 籐三箇所巻 上成り強め
近的矢 ミズノ8024シャフト エンジ色97㌢くらい 黒鷲一部染抜き 矧色白ラメー入

夏場から先日にかけて行方不明になりました。。。
 弓については、どこかに置き忘れている可能性も、無きにしもあらずなのですが・・・。一体どこへ行ったものやら。名前はシールでしたから、剥せばわかりませんね。
矢については道場から持ち出さない人の道具なので、道場から紛失したとしか言いようがありません。
 いずれにしても、自他共にセキュリティを上げないといけません。同じ弓引きを疑ってしまう事は悲しいことなのですが、管理が甘いといわれればそれまでなのですが・・・・。
 どこかで誰かに引かれているのか、どこかの道場に埋もれているのか、、、、どこかから出てこないモンでしょうかねぇ・・・。