いつも、道場で一緒に練習しているS名人。弓力は比較的近く、流派東方不敗の弓をレンタルしたりする間柄であす。
 技量のあるS名人のことなので、安心して勘十郎弓も引いてみてもらった。S名人にとっては現在若干強い勘十郎弓であるが、このくらいは引きたいらしい。
 そこで、以前上洛した際に勘十郎弓店を訪ねたが、空振り。今回は運よく勘十郎氏が在店していたそうです。ちょうどよい弓力の弓があれば、購入したと思われますが、残念ながら、在庫がなかったようです。現在はおそらく、竹山入りの時期でお忙しいでしょうから、落ち着いたら新しい弓を打ってくれるでしょう。それが、S名人にぴったりの弓であればいいのですが、いやきっとぴったりの弓に仕上がり、購入するに違いありません(笑)
 話を聞いていると、流派東方不敗よりも1ランク上の弓を進められたとか。。。流派東方不敗としてはちょっとふ・く・ざ・つ な気持ちですが、もし、S名人が購入したら、また道場で練習もせず、長々と弓を眺めて「あーでもない、こーでもない」と弓談義に花が咲くでしょうね。
 さあ、こうして我が道場にも勘十郎ユーザー2人目が登場か???
スポンサーサイト
 前回お話した、弦音が出ない話。いわゆる「どつぼ」にはまってきました。久しぶりにA先生の指導を受けました。
「勝手が力みすぎ!!」「大三で肘を張ってからsもっと弦に取られて・・・」
・・・バシッ・・・からだんだん、弦がらみの時間が減ってきている。「よし、それで今受けている押手肩を恐れずに入れろ!、入りすぎることを恐れて、肩が受けているぞ!」「え?肩が抜けている」ああ、勝手ばかり気にしすぎていたか。。。「会」きちんと張りが取れないと思っていた。
 大三できちんと肩を決め、引き分けてくる。落ち着いて呼吸を整え、会に入る。・・・キュンッ!!出た~弦音だ~。続けて引くと弦音とともに矢が的に吸い込まれるように飛んでいく。「ようし!それでいい!」ありがとうございます!!!
 征矢四つカケにして初めてのジャストミート感覚。気持ちよ~く離れていきます。やっぱり、「押引一如」はかなり意識していないといけませんね。久しぶりの弦音とてもいい感じです。
 カケを替えて本格稼動3ヶ月目、まだまだ違和感があって、力んでいるのでしょう。もっと数を引いて慣れなければ。。。
                       080831 004
2008.10.15 F1富士GP結果
 F1富士GP、残念ながら今年はTV観戦でした。1994年以来久しぶりのTV観戦。見たくてしょうがない富士でドライコンディション。観戦に行っている仲間がうらやましい。。。
 結果は皆さんご存知のとおり、アロンソの優勝。1コーナーで決まりましたね。ハミルトンといい、マッサといい、凡ミスが目立って、チャンピオン争いをしているようには見えません。中島一貴も不運にもアクシデントに巻き込まれてトホホな結果でしたね。
 観戦部隊の感想では寒かったものの、バス移動、トイレなど非常にスムースで去年が嘘のようだとのことでした。2年目に大幅なカイゼンができたのでしょうか。来年は鈴鹿ですね、ナイトレースなんぞにされないように心から祈っています、冗談じゃないですよね。バーニーのおっさん!!
 
2008.10.13 弦音がしない
 最近、勘十郎弓が鳴いてくれません。う~む困った。
まもなく審査があり、やはりその場では弦音をさせたいものです。最近弦も2匁から1.8匁にして細身の麻弦にしています。「雲仙」「桂」と銘柄を変えても鳴いてくれない。
 というわけで、合成弦の13キロ以下用にしてしばらく引いてみましたが、これでも鳴かない(´・ω・`)ショボーン 矢を変えてみても鳴いてくれません。というわけで射手をS名人に交替してみました。が、やはり鳴いてくれません。S名人の流派東方不敗より2グラム軽い矢でも鳴かない。どうすればよいか?何を持って本当の「弦音」とするのか、どういう要件で「弦音」が出るのかについてもよく考えないといけませんが、困ったもんです。ヽ(;´Д`)ノタスケテ~
 弓・矢・弦と条件を取り揃えた上で、自分の射技も見直さないといけませんね。