2018.04.10 恐怖の火入れ
 柴田師やハザマ師のところや弓具店で弓の手入れをお願いすると
火入れして、弓の成りを矯正することがあります。
 ガスコンロであったり、電熱線であったり方法はいろいろですが
見ていると、弓に熱を入れ、そこに圧をかけると弓の成りが変わっていきます。
見ているほうからすると、「弓が壊れてしまうのでは?」と、
恐怖以外のナニモノでもありません。  宣斎弓ごよみにも火入れの方法が記載されてあり、やってみたら?みたいな記載がありますし、ハザマ師匠も「こうやるんや!」と実演のあと、「やってみろ」と仰る。よって一度やってみることにしました。  弓は柴田勘十郎ニベ弓です。皆さんもご存知の下成が立ちまくっている部分、ここを少しだけふくらみを持たせた弓にしてみたい!と挑戦です。                              sibakan旧   しかし、焼入れには「失敗したらどうしよう」という恐怖が!  その恐れを振り払いながら、下成りの辺りをストーブの熱で10分ほど熱して、弓が熱くなったところで小反節よりも下側を内竹側から恐る恐る踏んで見ました。 一度踏んでみたら、ビミョーに膨らみ、気持ち丸くなりました。 おおぉ~変化するじゃん、 ということで、もう一度ストーブの熱で熱してみます。触ると弓が熱い・・・。  もう一度、今度はしっかり踏んでみます。おおお~、曲がった曲がった。なんか、下成りのふくらみが出来ましたね。  しか~し、よく見るとなんか踏んだあたりが出来気味になってる暖かいうちに再度踏み込み、矯正してみました。 その結果・・・ sibakan新 こんな感じです。 火入れ前との違いお分かりになるでしょうか? 若干小反節のあたりが膨らみ、普通の弓(笑)のような下成りになりました。 それでも、十分立っていますが。 恐る恐る火入れ矯正をしましたが、うまく出来たかな~~。 ひき味の変化はまだわかりません・・・。
スポンサーサイト
ニベ弓と合成弓の違い

慣らしというか、次のステップに向けての巻藁作業が順調に進んでいます。
今は会まで持ってきて離しています。なんといっても早く離すのは得意ですから
苦になりません。しかし、想定外のことがありました。
IMG_4446.jpg

弓力と、寒さのせいで押肩にかなりのストレスが掛かっており、身体のケアが必要です。
それとやはり、腰に来ますね、強い弓は
ニベ弓と合成弓でじっくり成りを比べると、あまり変わりないように見えます。
上成りも下成りも同じ感じです。
ニベ弓のほうはこれから削り込んでいきますので、どのように変わっていきますか・・・。
                                   IMG_4447.jpg


もし、成りが変になっていても整えながら完成弓に仕上げていけるところが、ハザマ師匠の弓の良いところでしょうか?
 見た目はさすがに良く似ています。使っている材料は同じで、接着がニベであるというだけでしょうか。
ニベ弓のほうが製品として仕上げてないので、あちこち荒いところがあります。気にしませんが・・・。
外竹や内竹と芯の間にはニベだまりという黒い線のようなものが見えます。
ニベだまりを見えないようにする弓師もいます。

IMG_4452.jpg


 ハザマ師匠の弓は仕上げを細かく仕上げて巷に渡すタイプではありませんので(笑)こういう感じかと思います。
 ニベ弓のほうがゴツくみえます。現状弓幅も2ミリくらい違いますので、そう見えるのかも知れません。
                                          IMG_4450.jpgIMG_4448.jpg



 合成弓は90㌢で23キロ、ニベ弓を慣らしで引いていると、合成弓はかなり楽に感じます。ということは・・・。
ニベ弓と合成弓、どちらも最終形態が楽しみです。
合成弓の会で詰まった感じがニベ弓では会でスウッと入りますから、たまりませんよね・・・。
播磨竹禅ニベ弓の全体的な成りです。
江戸成りです。胴が入っておらず、弓の成りが台形です。
なだらかなカーブを描く成りの都城弓とは異なります。
上成りの鳥肩節と下成りの乙腰節の高さがだいたい同じくらいです。
先日もある方から指摘されましたが、「胴が抜けている」
一見するとそう見えてしまいそうですが、「これでいいんです」(笑)
IMG_4169-01.jpg

弓力が強いせいで、弓が分厚くなっています。それは萬義と比べると一目瞭然です。
ご覧のように下成りのカーブは萬義と酷似しています。
台形の上辺は萬義の方が短くみえますね。
こうして並べてみると、成りを見る範囲では萬義の相方としての播磨竹禅は良い感じに思えます。
                                    IMG_4170-01.jpg

今は慣らしで巻藁を引いていますが、これが強くて強くて、弓が硬い。
慣らしを進めてきたところ、最初胴が入っていたのが、ちょうどいいラインに
なってきました。
もう少し弓幅と角を削っていただこうかなと思います。
 以前紹介しました、播磨竹禅 ニベ弓ですが、画像もお見せいたします。
 末弭、本弭は赤柿の素材で関板も作られています。
う~ん、黄櫨でお願いしていたはず
他の播磨竹弓と異なり、関板の内側に補強のための内竹が入っていません。
ニベ弓の打った時期が平成25年頃のはずですので、その当時のハザマ師匠は
内竹を関板の中に通さなかったのかもしれません。
                           IMG_4172.jpg    IMG_4175.jpg
 荒村の状態ですが、上下は薄めが播磨竹禅の特徴ですね。
よって、現状で25キロはあろうかと言う弓ですが、何とか手の
中で弓を押すことが出来ます。
横から見える黒い線がニベの証です。これは合成弓の播磨竹禅には見えませんので、大きな違いでしょう。

杢は縄目杢です。これは荒村終了後、仕上げて磨けばもっとはっきり見えるはずです。
IMG_4171.jpg  IMG_4173.jpg
相変わらず、地味に見せますね・・・。作品を商品に見せようとしないというか、無頓着というか・・・
これだけで他の弓なら価格が変わってきますよ、師匠
 黄櫨は握りの辺りで継木しているようです。斜めに黄櫨の切れ目が入っています。握り近辺の
継ぎですが、強度大丈夫かな?
ブログをご覧になっている方は「あれ?」と思われたかも知れません。
そうです、最近新弓を立て続けに購入しています。
よって播磨竹禅ニベ弓他3張り慣らし中になります。
どんな慣らしをしているかといいますと、
第一段階 大三で離し100本程度
第二段階 目通りで離し100本程度
第三段階 口割で離し100本程度
引くことにしています。

注意点は、
①末弭と本弭の弦の拳が関板の中央からずれていないか?
②上関板を通る弦が関板の中心を通っているか?
③握りの位置で弦が弓に入りすぎていないか?
④弓の姿(成り)が変わっていないか?
⑤弓に破損、故障箇所が無いか?

これらを引く前、引いている途中、引き終えてから確認するようにしています。

①角見を効かさず、弓を捻らない事、
②会は持たないこと。
③重い矢を使うこと。
④引き戻しをしないこと(素引きなど)。

が慣らし作業の鉄則です

第三段階が終わりましたら、一度弦を外して、裏反りの回復度合いを見ることになります。
弦を外して、五分ほどで1センチ以上戻りがあるようだとまだ弦を外すには早い、というのが一つの目安です。
弦を外して裏反りが安定したところで、弓を上下とも地面に着けて、裏反りが何センチくらいか確認する必要があります。
 ちなみに播磨竹禅ニベ弓は荒弓ですので、第三段階を終えて300本くらい引いたところで荒弓から削ってもらい、
銘の入った弓にしていただく予定です。(今回はニベ弓なので花押も入る予定ですが)
                                 IMG_3009.jpg

他の弓は銘が入っており、仕上がったはずの新弓ですから、様子を見ながらデビューということになります。
もちろん湿度・気温の高い季節(梅雨・夏)には休ませて成りを整えないと、折角の新弓が台無しになってしまいます。
この1年目の調整が長く安定した弓として自身
の下で活躍できるかどうかの分かれ目
になります。
新しく冴えが良いからといって、バンバン引いていると(引きたくなりますが)
あっという間に珠玉の逸品が、残念なものに成り果ててしまいます
 新弓ですから、弓の固さや、離れのときの荒さを感じます。
これがだんだんこなれてくる様子を確認できるのが非常に良いですね。
 しかし、現在慣らしが4張りです。4張同時に慣らしを進めています。
となると、毎回巻藁だけで、40射・・・。これはまぁまぁ骨が折れます・・・
IMG_3051.jpg