2010.06.26 がび~ん!!
 先日、人間ドックを受信しました。
血液検査、脳の検査、胃カメラなどなど色々な検査をしましたが、最後に先生の診断があります。
二日間の検査結果を見るわけですが・・・。
こりゃあ、糖尿病ですね。「投薬治療が必要です!」「ええっ??」
「去年もほぼ同じデータなのに何故放置していたのですか?」
血糖値・尿酸値・中性脂肪・γ-GTPの数値が何れも異常・・・。何れも簡単に標準値をクリアです・・・。「何れもお酒の飲みすぎで出る数値ですね。アルコール止めることできますか?禁酒してください」
 「いわゆるメタボリックというやつです」「典型的な、中年の病気ですが、治す気ありますか?」
 「今はなんとも感じないでしょう。しかし、一挙に体は悪くなります。今何もしなくて10年後に体がボロボロになって病院通いをするか、今から取り組んで健康な生活を送るかは貴方次第です!!」
 「ああぁ~、そうですか・・・。良く分かりました。とりあえず、禁酒ですかね。間食も止めなくては。」
「一ヶ月禁酒してみて、その上で近くの病院に今日の検査結果を持って診察してもらって下さい」
十分な摂生をする必要が出てきました。_| ̄|○_| ̄|○
スポンサーサイト
 先日、体がだるい、寒気がする!と思い、病院へ行って検査したところ
「インフルエンザです。A型ですね、新型というやつです。」となってしまいました。
 その時点で頭はフラフラ、何をするのも億劫でしんどいし、「ああ、そうですか」という感じでした。「熱が下がっても3日間は外出禁止です」・・・ほぉ~。
 という訳で出仕禁止・軟禁生活になりました。暇なのですが、元気もないのでボケーとして日々過しています。仕事にも弓にも行けません。そんな気力も湧きません(笑)おとなしく待つしかないですね。
 どこで貰ったんだろう・・・。皆さん、外出後の手洗いとうがいは必須ですよ!
2010.01.27 マグロの解体
 地域のまちおこしイベントに行ってきました。ここでは、マグロの解体・即売があるのですが、中々間近で見ることが出来ませんから、興味津々です。

100117 005   九州は熊本産で、流派東方不敗と同じ80キロです・・・。なんて種類のマグロでしょうか?

100117 008  頭と、尻尾、カマの部分を切り落とします。

100117 010 このカマの部分を流派東方不敗はゲットしました。

100117 014 おお、高そうな部分が出てきたぞぉ。しかし凄い脂分ですね。一切れ食べたい・・・。

100117 017
半身が切り取られました。解体作業をしている人も、とてもしんどそうです。「力が必要です!」と言っていました。寒い中汗だくの作業です。
 
100117 021 どんどん捌かれていき、後ろで小さく切られてパック詰めされていきます。

100117 024 半身の解体が終了しました。観客はいつ売り出されるのかと、そちらのほうに興味が移っているようです。

 流派東方不敗も見学はここまで家に帰りました。帰ってゲットした「カマ」の部分を料理をしてもらったのですが、
刺身・ネギトロ丼・塩焼き 約4人前になりました。
刺身は霜降り肉のようで口の中で一瞬でとろけてしまいます。旨い!!なんて贅沢な!・・・海原雄山はマグロの霜降の信仰はいかんと言っていましたが、旨いです。
 こそげ取った肉の部分をネギトロ丼にして食べましたが、これもGODD!
 そしてカマの塩焼き・・・あまりに大きすぎたため二つに割って焼きました。しかし凄い脂分のためもうもうと煙が出ます、火事みたいです。カマの塩焼き、十分に堪能できました。これで〆て1,500円、安かったと思いますが、いかがでしょうか。






2010.01.06 焼酎Bar
 流派東方不敗のクラス田舎でも焼酎はどこに行っても呑めるようになりました。昔は「下町のナポレオン」こと
《いいちこ》しかありませんでしたが・・・。
 流派東方不敗の行きつけのお店は「焼酎BAr」を名乗っていますが、中は・・・。
                 0901205 004

 沖縄のなんて名前でしたっけ、人形があります。マスターは鹿児島や宮崎などに仕入れに行きますので、珍しい焼酎がたくさんあります。勿論、「魔王」だの「森伊蔵」だの、プレミアム焼酎も置いていますが、とりあえず置いてないといけないので置いているだけ。」だそうです。
 沖縄の海ブドウや島ラッキョウ、ソーキソバなども食べることが出来て泡盛も仕入れているためとてもたくさんあります。マスターとは沖縄の離島の話をしたり、焼酎の新しいのを利き酒させてもらったりしています。
 先日行った時に、棚に「百年の孤独」を発見しました。昔は2,000円で買えたのに、今は1万円するところもあるそうですね。何だかとてもプレミアムです。「所詮は麦と芋なんですが」。高いの呑むのは勿体無い・・・。
 で、思い出したんです我が家にプレミアム焼酎が残っていたのを。
                         

                       0901205 006

何と読むのか分かりますか?「人夢可酒」



「ひとむかし」と読みます。
度数がきつく、40度で麦・甘藷・米で出来ています。殆どウイスキーです。「この焼酎は水で割ったりお湯で割ったりするな!」と説明書に書いてあります。
伝統酒を愛する人の夢を可能にしていく日本の酒この一瓶を「人夢可酒」と名付けました。まさに“究極のブランド品”といわれる所以です。
と書いています。非常に貴重な焼酎ですgあ、2010年を向かえ、元旦に封切り、呑んでみることにしました。
「ううぅ~きつい!」勿体無いから大事に呑みます。どこかに安く売ってないかなぁ~。
2009.07.17 能の見学
 「人生は能狂言のごとく成り」司馬遼太郎作の「国盗り物語」でよく出てくるフレーズで、斉藤道三や明智光秀が物語中述べています。ちょっとしたきっかけで、能について触れる機会を持ちました。
 色々と能について紹介を受けましたが、衣装が5箇所紋黒の和服、縞袴、白足袋と弓道審査と同じです。さすがに先生クラスだけあって、絽の着物と正絹の袴でしたが・・・。着物を来る姿も、着こなしも様になっています。「ああいう風に着たいなぁ~」着付けの下手な流派東方不敗は素直にそう思いました。

                shiori_s[1]

 鼓や太鼓、謡、そして舞囃子(仕舞?)を拝見しました。謡いや音に合わせて動くと、能面の表情が変わって見えるのが非常に興味深かったです。そしてよく見ていると、その動きには弓道の動きと共通する部分を見つけ、それが途中から大変楽しくなりました。すり足で歩く姿は非常に美しく、立ったり座ったりする姿勢も、ああしなくちゃあなぁ~、と思わせられました。
 仕舞の終わりは跪座の姿勢を取り、能面を取るときはきちんと脇正面を見たりします。「能」は武家のものでしたから、動きはおそらく小笠原礼法からきたものでしょうね。
 立っても座っても美しくみえる、大事な要素だと思います。勿論、「引いてよし」は当然ですがね。